目次

研究業績

著書・翻訳書
  1. ボースブーム, D. 仲嶺 真 (監訳)・下司 忠大・三枝 高大・須藤 竜之介・武藤 拓之 (訳) (2022). 心を測る──現代の心理測定における諸問題──  金子書房 (Borsboom, D. (2005). Measuring the Mind: Conceptual Issues in Contemporary Psychometrics. Cambridge University Press.)
    武藤は4章「尺度」と5章「測定モデル同士の関係」を翻訳 (4章は須藤氏との共訳)。
  2. 武藤 拓之 (2019). チョコボールでエンゼルが当たる確率のベイズ推定──多項分布と幾何分布を用いたカウントデータのモデリング──  豊田 秀樹 (編著)  たのしいベイズモデリング2──事例で拓く研究のフロンティア── (第1章,pp.1-13)  北大路書房
  3. 武藤 拓之 (2018). 傾 いた文字は正しい文字か?鏡文字か?──心的回転課題の反応時間を説明する混合プロセスモデル──  豊田 秀樹 (編著)  たのしいベイズモデリング──事例で拓く研究のフロンティア── (第8章,pp.79-92)  北大路書房
査読あり論文
  1. Huang, H., Muto, H., & Kanamaru, T. (2023). An attempt to measure the familiarity of specialized Japanese in the nursing care field. Asia Pacific Journal of Corpus Research, 4(2), 57-74. https://doi.org/10.22925/apjcr.2023.4.2.57
    (介護分野における日本語専門用語の親密度を測定する試み)
  2. Muto, H., Gondo, Y., Inagaki, H., Masui, Y., Nakagawa, T., Ogawa, M., Onoguchi, W., Ishioka, Y., Numata, K., & Yasumoto, S. (2023). Human-body analogy improves mental rotation performance in people aged 86 to 97 years. Collabra: Psychology, 9(1), Article 74785 (14 pages). https://doi.org/10.1525/collabra.74785
    (86歳から97歳の高齢者の心的回転成績はボディ・アナロジーによって向上する)
  3. Muto, H., Suzuki, M., & Sekiyama, K. (2022). Advanced aging effects on implicit motor imagery and its links to motor performance: An investigation via mental rotation of letters, hands, and feet. Frontiers in Aging Neuroscience, 14, Article 1025667 (16 pages). https://doi.org/10.3389/fnagi.2022.1025667
    (加齢の進行が潜在的運動イメージに及ぼす影響および運動成績との関連:文字・手・足の心的回転による検討)
  4. Kasuga, A., Yasumoto, S., Nakagawa, T., Ishioka, Y., Kikuchi, A., Inagaki, H., Ogawa, M., Hori, N., Masui, Y., Choe, H., Muto, H., Kabayama, M., Godai, K., Ikebe, K., Kamide, K., Ishizaki, T., & Gondo, Y. (2022). Older adults’ resilience against impact of lifestyle changes during the COVID-19. Gerontology and Geriatric Medicine, 8, Article 233372142211162 (6 pages). https://doi.org/10.1177/23337214221116226
    (COVID-19パンデミック中のライフスタイルの変化による影響に対する高齢者のレジリエンス)
  5. Muto, H. (2021). Evidence for mixed processes in normal/mirror discrimination of rotated letters: A Bayesian model comparison between single- and mixed-distribution models. Japanese Psychological Research, 63(3), 190-202. https://doi.org/10.1111/jpr.12306
    (回転した文字の正像・鏡像判断における混合プロセスの証拠:ベイズモデリングによる単一分布モデルと混合分布モデルの比較)
  6. Muto, H., Matsushita, S., & Morikawa, K. (2021). Sex differences in mental rotation performance through holding weights by the hands. Imagination, Cognition and Personality, 40(4), 351-371. https://doi.org/10.1177/0276236620952334
    (手に重りを持ったときの心的回転パフォーマンスの性差)
  7. Muto, H. (2021). Correlational evidence for the role of spatial perspective-taking ability in the mental rotation of human-like objects. Experimental Psychology, 68(1), 41-48. https://doi.org/10.1027/1618-3169/a000505
    (人に似た物体の心的回転における空間的視点取得能力の役割を支持する相関的証拠)
  8. Kurihara, Y., & Muto, H. (2021). Behavioral responses of Japanese macaques to playback-simulated intergroup encounters. Behavioural Processes, 182, Article 104279 (5 pages). https://doi.org/10.1016/j.beproc.2020.104279
    (音声プレイバックで模した集団間遭遇に対するニホンザルの行動反応)
  9. Muto, H., & Nagai, M. (2020). Mental rotation of cubes with a snake face: The role of the human-body analogy revisited. Visual Cognition, 28(2), 106-111. https://doi.org/10.1080/13506285.2020.1727598
    (蛇の顔を付したキューブ図形の心的回転:ボディ・アナロジーの役割の再考)
  10. Muto, H., Matsushita, S., & Morikawa, K. (2019). Object's symmetry alters spatial perspective-taking processes. Cognition, 191, Article 103987 (15 pages). https://doi.org/10.1016/j.cognition.2019.05.024
    (空間的視点取得の認知過程は物体の対称性に左右される)
  11. Muto, H., Ide, M., Tomita, A., & Morikawa, K. (2019). Viewpoint invariance of eye size illusion caused by eyeshadow. Frontiers in Psychology, 10, Article 1510 (9 pages). https://doi.org/10.3389/fpsyg.2019.01510
    (アイシャドウによる目の大きさ錯視の視点非依存性)
  12. 水原 啓太・武藤 拓之・入戸野 宏 (2019). 自由選択課題におけるポストディクションの再検討  認知心理学研究, 16(2), 25-31. https://doi.org/10.5265/jcogpsy.16.25
  13. Muto, H., Matsushita, S., & Morikawa, K. (2018). Spatial perspective taking mediated by whole-body motor simulation. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 44 (3), 337-355. https://doi.org/10.1037/xhp0000464
    (空間的視点取得は全身の運動シミュレーションに媒介される)
  14. Muto, H. (2015). The effects of linearity on sentence comprehension in oral and silent reading. Japanese Psychological Research, 57(3), 194-205. https://doi.org/10.1111/jpr.12079
    (言語の線条性が音読・黙読下での文理解に及ぼす影響)
査読なし論文 (紀要・解説・プレプリント等を含む)
  1. 齋木 潤・武藤 拓之 (2023). 認知科学における計算論的アプローチの発展と展望  認知科学, 30(1), 46-55. https://doi.org/10.11225/cs.2022.074
  2. 武藤 拓之 (2022). 基礎心理学と数理モデル  基礎心理学研究, 41(1), 49. https://doi.org/10.14947/psychono.41.9
  3. 武藤 拓之 (2022). データ・マテリアル・分析スクリプトのオープン化が拓く心理学の未来  科学, 92(9), 800-805. http://hdl.handle.net/2433/276378
  4. Muto, H., Gondo, Y., Kasuga, A., Nakagawa, T., Ishioka, Y., Onoguchi, W., Kikuchi, A., Inagaki, H., Ogawa, M., Hori, N., Masui, Y., Choe, H., Cheng, Y., Matsumoto, K., Yasumoto, S., Kabayama, M., Godai, K., Ikebe, K., Kamide, K., & Ishizaki, T. (2021). Associations among anxiety, risk perception, preventive behaviors, and personality in Japanese older adults aged 78 to 99 years during the COVID-19 pandemic. PsyArXiv. https://doi.org/10.31234/osf.io/vzgcp
    (COVID-19パンデミック中の78─99歳の日本人高齢者における不安感・リスク認知・予防行動・パーソナリティの関連)
  5. 武藤 拓之 (2021). 実験心理学者のための階層ベイズモデリング入門──RとStanによるチュートリアル──  基礎心理学研究, 39(2), 196-212. https://doi.org/10.14947/psychono.39.27
  6. 武藤 拓之 (2021). ベイズ統計モデリングの有用性を示す認知心理学研究の紹介──個人間・試行間のばらつきを理解する──  認知科学, 28(1), 182-187. https://doi.org/10.11225/cs.2020.077
講演等 (シンポジウム等)
  1. 武藤 拓之 (2023). 認知心理学者から見た尺度構成──素朴心理測定と対象実在論に向き合う──  日本心理学会第87回大会 大会企画シンポジウム「尺度構成はこうせい!──尺度に基づく心的構成概念の測定を改めて考える──」, 神戸国際会議場・神戸国際展示場3号館, 9月15日-17日 (発表日:9月16日).
    企画代表者・司会者:井関 龍太,企画者:望月 正哉,山根 嵩史,話題提供者:清水 裕士,仲嶺 真,椎名 乾平,指定討論者:武藤 拓之
  2. 武藤 拓之 (2022). 未来の認知心理学者はみなベイジアンか?──ベイズ統計学・ベイズ脳仮説・ベイズ認識論の視点から描く事後予測分布──  日本認知心理学会第20回大会 20周年記念シンポジウム「若手研究者が考える認知心理学の20年後」, 神戸大学, 10月15-16日 (発表日:10月16日). 依頼あり
    司会者:仲 真紀子,講演者:植田 航平,武藤 拓之,立花 良,前澤 知輝
  3. 武藤 拓之 (2021). 心的回転課題の認知モデリング:傾いた文字の正像・鏡像判断における混合プロセス仮説の検証  日本認知心理学会第18回大会 ワークショップ「古典的な実験課題を用いた認知モデリング」, 金沢工業大学, 3月3-4日 (発表日:3月4日).
    企画:武藤 拓之,登壇者:武藤 拓之,小林 穂波,紀ノ定 保礼,難波 修史
  4. 武藤 拓之 (2020). 企画趣旨&ベイズ統計モデリングの基礎  日本心理学会第84回大会 公募シンポジウム「心理学の諸領域におけるベイズ統計モデリングの実践」, 東洋大学(オンライン開催), 9月8日-11月2日 (オンデマンド).
    企画:武藤 拓之,難波 修史,司会:武藤 拓之,話題提供:小林 穂波,難波 修史,水野 景子,横山 仁史,松井 大,指定討論:小杉 考司
  5. 武藤 拓之 (2020). まずはオープンデータから!──高めよう信用性,広めよう二次分析──  日本心理学会第84回大会 大会企画シンポジウム「若手が聞きたい再現可能性問題の現状とこれから」, 東洋大学(オンライン開催), 9月8日-11月2日 (発表日:9月9日).
    企画:日本心理学会若手の会,司会:横光 健吾,中川 裕美,話題提供:平石 界,山田 祐樹,中村 大輝,武藤 拓之,指定討論:国里 愛彦
  6. 武藤 拓之 (2019). 認知心理学と統計モデリング:行動データの背後にある情報処理過程を表現する  人工知能学会合同研究会2019 人工知能基本問題研究会企画シンポジウム「ベイズモデリングと心理学」, 慶応義塾大学, 11月22-23日 (発表日:11月23日). 依頼あり
    話題提供:紀ノ定 保礼・武藤 拓之・難波 修史・岡田 謙介・杣取 恵太・徳岡 大
  7. 武藤 拓之 (2019). 認知心理学における統計モデリングアプローチ  京都大学こころの未来研究センター 認知科学セミナー, 京都大学, 8月8日. 依頼あり
  8. 武藤 拓之 (2019). 視空間イメージ操作研究への挑戦:多面的視点のススメ  第6回KG-RCSP合同ゼミ, 関西学院大学, 2月27日. 依頼あり
  9. 武藤 拓之 (2019). 視空間イメージの心的操作  第18回感性学研究会「視点と身体による空間認知・感性認知」, 九州大学西新プラザ, 2月20日. 依頼あり
  10. Muto, H. (2018). Whole-body motor simulation subserves spatial perspective taking. Oral presented at JSPS-Inserm Bilateral Joint Seminar FY2018 "Take the perspective of others: social cognition from healthy neurons to neurodegenerative brains", Nara Hotel, Nara, September 30 to October 2 (Presentation date: October 1). 依頼あり
    Japanese Leader: Shigeru Kitazawa, French Leader: Yves Rossetti
  11. 武藤 拓之 (2018). 傾いた文字は正しい文字か?鏡文字か?──心的回転データを用いたベイズモデリング──  日本心理学会第82回大会 公募シンポジウム「たのしいベイズモデリング──事例で拓く研究のフロンティア──」, 仙台国際センター, 9月25-27日日 (発表日:9月25日).
    企画・司会:豊田 秀樹,話題提供:難波 修史,平川 真,武藤 拓之,徳岡 大,坂本 次郎,指定討論:清水 裕士,岡田 謙介
  12. 武藤 拓之 (2018). ベイズ統計モデリングは実験心理学に何をもたらすか  日本行動計量学会第46回大会 ラウンドテーブルディスカッション「心理学におけるベイズ統計モデリング」, 慶応義塾大学, 9月3-6日 (発表日:9月4日).
    抄録:日本行動計量学会第46回大会抄録集, 167. https://doi.org/10.20742/pbsj.46.0_167
    オーガナイザー:岡田 謙介・清水 裕士,司会者:岡田 謙介,発表者:清水 裕士,武藤 拓之
  13. 武藤 拓之 (2018). 認知心理学への実践:データ生成メカニズムのベイズモデリング  広島ベイズ塾第三回ワークショップ「心理学者のためのベイズ統計学:モデリングの実際と,モデル選択・評価」, 専修大学, 6月30日.
    企画代表:小杉 考司,司会者:紀ノ定 保礼,発表者:清水 裕士,北條 大樹,武藤 拓之,杣取 恵太,難波 修史,山根 嵩史,豊田 秀樹,徳岡 大
学会発表

    2023年

  1. 武藤 拓之 (2023). 心的回転における身体優位性効果は身体軸の投影では説明できない──事前登録したオンライン実験による空間的身体化説への反証──   日本基礎心理学会第42回大会, 豊橋技術科学大学, 12月1-3日 (発表日:12月3日). ポスター発表
  2. 武藤 拓之 (2023). 人に似た物体の心的回転における身体倒立効果の検証──事前登録したオンライン実験──   日本心理学会第87回大会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場3号館, 9月15-17日 (発表日:9月17日). ポスター発表
    抄録:日本心理学会第87回大会発表論文集, ???.
  3. ○Kasuga, A., Yasumoto, S., Nakagawa, T., Ishioka, Y., Kikuchi, A., Inagaki, H., Ogawa, M., Hori, N., Masui, Y., Choe, H., Muto, H., Kabayama, M., Godai, K., Ikebe, K., Kamide, K., Ishizaki, T., & Gondo, Y. (2023). Older adults’ social interaction changes during the COVID-19 pandemic. Poster presented at the 12th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress, PACIFICO Yokohama, Yokohama, June 12 to 14 (Presentation date: June 14). ポスター発表
  4. ○Matsumoto, K, Hirokawa, K., Muto, H., Nakagawa, T., Ogawa, M., Ikebe, K., Kamide, K., & Gondo, Y. (2023). Associations between 2D:4D digit ratio and frailty among 80-years old Japanese elderly: A cross-sectional analysis of the SONIC study. Poster presented at the 12th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress, PACIFICO Yokohama, Yokohama, June 12 to 14 (Presentation date: June 12). ポスター発表
  5. ○Hirokawa, K., Matsumoto, K., Muto, H., Nakagawa, T., Ogawa, M, Ikebe, K., Kamide, K., & Gondo, Y. (2023). Associations between 2D:4D digit ratio and cognitive function among elderly Japanese people: A cross-sectional analysis of the SONIC study. Poster presented at the 12th International Association of Gerontology and Geriatrics Asia/Oceania Regional Congress, PACIFICO Yokohama, Yokohama, June 12 to 14 (Presentation date: June 12). ポスター発表
  6. ○大串 晃弘・武藤 拓之・中屋 佑紀・久藤 麻子・上月 翔太・佐々木 葉月・垣沼 絢子・中村 瑞樹・太田 雪乃 (2023). 大阪大学若手FD研究会のこれまでとこれから──教育実践コミュニティの運営と役割の変化──  第29回大学教育研究フォーラム, 京都大学(オンライン開催), 3月15-16日 (発表日:3月15日). ポスター発表
    抄録:第29回大学教育研究フォーラム発表論文集, 167.
  7. 2022年

  8. 武藤 拓之・中井 隆介・上田 祥行・阿部 修士 (2022). 心的回転における身体優位性効果の神経基盤──事象関連fMRI研究──  日本基礎心理学会第41回大会, 千葉大学, 12月2-4日 (発表日:12月3日). ポスター発表
    要約:基礎心理学研究, 41 (2).
  9. 武藤 拓之・中井 隆介・村井 俊哉・吉川 左紀子・阿部 修士 (2022). バカラ賭博における非合理なトレンド追従の定量的分析──カジノ顧客の賭け行動に見られる認知の歪み──  日本心理学会第86回大会, 日本大学, 9月8-11日 (発表日:9月10日). ポスター発表
    抄録:日本心理学会第86回大会発表論文集, 382.
  10. ○神原 歩・武藤 拓之 (2022). 「向かい合う」より「肩を並べる」方が,相手の気持ちがわかるのか?──自己と他者の身体角度の差が心的視点取得の正確性に与える影響──  日本心理学会第86回大会, 日本大学(ハイブリッド開催), 9月8-11日 (発表日:9月10日). ポスター発表
    抄録:日本心理学会第86回大会発表論文集, 410.
  11. 武藤 拓之 (2022). 三次元物体の心的回転課題おける反応時間の試行間変動のモデリング  日本行動計量学会第50回大会 特別セッション「心理学におけるモデリングアプローチの展開 IV」, 沖縄県市町村自治会館(ハイブリッド開催), 8月28-31日 (発表日:8月29日). 口頭発表
    抄録:日本行動計量学会第50回大会抄録集, 158-159. https://doi.org/10.20742/pbsj.50.0_158
  12. 2021年

  13. 武藤 拓之 (2021). 心的回転におけるボディ・アナロジー効果の2つの経路──事前登録したオンライン実験による検証──  日本心理学会第85回大会, 明星大学(オンライン開催), 9月1日-9月8日 (オンデマンド). ポスター発表
    要約:日本心理学会第85回大会発表抄録集, 118.
  14. ○増井 幸恵・権藤 恭之・中川 威・春日 彩花・小川 まどか・稲垣 宏樹・吉田 祐子・堀 紀子・小野口 航・蔡 羽淳・松本 清明・菊地 亜華里・程 雨田・武藤 拓之・石岡 良子 (2021). 後期高齢者・超高齢者における老年的超越がその後精神的健康に及ぼす影響の年齢差の検討:SONIC研究データを用いた縦断的検討  日本心理学会第85回大会, 明星大学(オンライン開催), 9月1日-9月8日 (オンデマンド). ポスター発表
    要約:日本心理学会第85回大会発表抄録集, 187.
  15. 武藤 拓之・中井 隆介・村井 俊哉・吉川 左紀子・阿部 修士 (2021). カジノにおけるギャンブルの利得と損失が次の来店までの時間間隔に及ぼす影響──顧客データの階層ベイズ生存時間解析──  日本行動計量学会第49回大会 特別セッション「心理学におけるモデリングアプローチの展開III」, 杏林大学(オンライン開催), 8月28-31日 (発表日:8月31日). 口頭発表
    抄録:日本行動計量学会第49回大会抄録集, 58-59. https://doi.org/10.20742/pbsj.49.0_58
  16. 武藤 拓之・永井 聖剛 (2021). 他者の聴空間知覚の理解を支える身体化プロセス──視空間的視点取得との共通性──  日本認知心理学会第18回大会, 金沢工業大学(オンライン開催), 3月3-4日 (発表日:3月4日). 口頭発表
    抄録:日本認知心理学会第18回大会発表論文集, OS5-5. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2020.0_24
  17. ○Kobayashi, H., Muto, H., Shimizu, H., & Ogawa, H. (2021). Effects of interstimulus spacing on flanker interference investigated by hierarchical diffusion modeling. Oral presented at the 18th Annual Convention of the Japanese Society for Cognitive Psychology, Kanazawa Institute of Technology (online), March 3 to 4 (Presentation date: March 4). 口頭発表
    抄録:日本認知心理学会第18回大会発表論文集, OS4-3. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2020.0_17
  18. ○神原 歩・武藤 拓之 (2021). 空間的視点取得と他者の心的経験の推測との関連──透明性錯覚パラダイムを用いて──  日本認知心理学会第18回大会, 金沢工業大学(オンライン開催), 3月3-4日 (発表日:3月3日). ポスター発表
    抄録:日本認知心理学会第18回大会発表論文集, PT1-39. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2020.0_64
  19. 2020年

  20. Muto, H. (2020). Correlational evidence for the adoption of egocentric mental rotation in same/different comparisons of human-like objects. Poster presented at the Psychonomic Society's 61st Annual Meeting (Online), November 19 to 22 (Presentation date: November 19). ポスター発表
    要約:Abstracts of the Psychonomic Society, 25, 164.
  21. 武藤 拓之 (2020). Spatial Orientation Testの得点化方法の改善──フォン・ミーゼス分布による角度データのモデリング──  日本心理学会第84回大会, 東洋大学(オンライン開催), 9月8日-11月2日 (オンデマンド). ポスター発表
    要約:日本心理学会第84回大会発表抄録集, 115.
  22. 武藤 拓之 (2020). 心的回転に対するdiffusion modelingの有効性の検証  日本行動計量学会第48回大会, 早稲田大学, 9月1-4日. ポスター発表
    抄録:日本行動計量学会第48回大会抄録集, 235. https://doi.org/10.20742/pbsj.48.0_235
    新型コロナウィルスの影響により中止となったため,みなし発表扱い。
  23. 武藤 拓之 (2020). 心理学実験実習のレポート課題におけるルーブリックの役割  第26回大学教育研究フォーラム, 京都大学(オンライン開催), 3月18-19日 (発表日:3月18日). ポスター発表
    抄録:第26回大学教育研究フォーラム発表論文集.
  24. 2019年

  25. 武藤 拓之・永井 聖剛 (2019). 心的回転におけるボディ・アナロジー効果は姿勢の内的模倣に媒介されるのか?──蛇型物体と人型物体の比較──  日本基礎心理学会第38回大会, 神戸大学, 11月29日-12月1日 (発表日:12月1日). ポスター発表
    要約:基礎心理学研究, 38(2), 286. https://doi.org/10.14947/psychono.38.41
  26. ○午道 青歩・武藤 拓之・仲 真紀子 (2019). 社会的排斥の観察が被排斥者への潜在的接近-回避傾向に与える影響  日本基礎心理学会第38回大会, 神戸大学, 11月29日-12月1日 (発表日:12月1日). ポスター発表
    要約:基礎心理学研究, 38(2), 289. https://doi.org/10.14947/psychono.38.41
  27. Muto, H., Gondo, Y., Inagaki, H., Masui, Y., Nakagawa, T., Ogawa, M., Onoguchi, W., Ishioka, Y., Numata, K., & Yasumoto, S. (2019). Effectiveness of body analogy for mental rotation in the oldest-old people. Poster presented at the Psychonomic Society's 60th Annual Meeting, Convention and Exhibition Centre, Montreal, November 14-17 (Presentation date: November 16). ポスター発表
    要約:Abstracts of the Psychonomic Society, 24, 266.
  28. ○Kobayashi, H., Muto, H., Shimizu, H., & Ogawa, H. (2019). A Bayesian hierarchical diffusion model of flanker interference. Poster presented at the 27th Annual Workshop on Object Perception, Attention, and Memory, Convention and Exhibition Centre, Montreal, November 14. ポスター発表
  29. 武藤 拓之・権藤 恭之・稲垣 宏樹・増井 幸恵・小川 まどか・沼田 恵太郎・小野口 航・石岡 良子・安元 佐織・蔡 羽淳・松本 清明 (2019). 地域在住超高齢者における同居家族と空間的視点取得能力の関連──SONIC研究──  日本心理学会第83回大会, 立命館大学, 9月11-13日 (発表日:9月11日). ポスター発表
    抄録:日本心理学会第83回大会発表論文集, 537. https://doi.org/10.4992/pacjpa.83.0_1D-044
  30. 武藤 拓之 (2019). 傾いた文字の正像・鏡像判断は本当に混合プロセスなのか?──WAICとベイズファクターによるモデル比較──  日本行動計量学会第47回大会 特別セッション「心理学におけるモデリングアプローチの展開」, 大阪大学, 9月3-6日 (発表日:9月6日). 口頭発表
    抄録:日本行動計量学会第47回大会抄録集, 348-349. https://doi.org/10.20742/pbsj.47.0_348
  31. Muto, H. (2019). How does body analogy help mental rotation? Disentangling bottom-up and top-down processes. Poster presented at the 15th Asia Pacific Conference on Vision, Ritsumeikan University, Ibaraki, July 29 to August 1 (Presentation date: July 29). ポスター発表
  32. 武藤 拓之・水原 啓太・入戸野 宏 (2019). 自由選択課題におけるポストディクション現象の認知モデル──ベイズ統計モデリングによる検証──  日本認知心理学会第17回大会, 京都テルサ, 5月25-26日 (発表日:5月25日). 口頭発表
    抄録:日本認知心理学会第17回大会発表論文集, O1-02. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2019.0_2
  33. ○大串 晃弘・武藤 拓之・大工 泰裕・山下 英里華・久藤 麻子・川崎 絵里香・佐々木 葉月 (2019). プレFD修了者による大阪大学若手FD研究会(阪大FD研)の活動実績と今後の展望  第25回大学教育研究フォーラム, 京都大学, 3月23-24日 (発表日:3月23日). ポスター発表
    抄録:第25回大学教育研究フォーラム発表論文集, 157.
  34. ○Kurihara, Y., & Muto, H. (2019). Behavioral responses of Japanese macaques to simulated intergroup encounters: evidence from field playback experiments. Oral presented at the 66th Annual Meeting of the Ecological Society of Japan, Kobe International Conference Center, Kobe, March 15 to 19 (Presentation date: March 17). 口頭発表
  35. 2018年

  36. 武藤 拓之・権藤 恭之・増井 幸恵・稲垣 宏樹・中川 威・石岡 良子・沼田 恵太郎・小野口 航 (2018). 系列位置曲線の加齢変化に対するモデルベースアプローチ──SONIC研究の縦断データへのSIMPLEモデルの適用──  日本基礎心理学会第37回大会, 専修大学, 11月30日-12月2日 (発表日:12月2日). ポスター発表
    抄録:基礎心理学研究, 37(2), 222. http://doi.org/10.14947/psychono.37.30
  37. 武藤 拓之・権藤 恭之・稲垣 宏樹・増井 幸恵・小川 まどか・沼田 恵太郎・小野口 航・石岡 良子・内芝 綾女・田渕 恵 (2018). 超高齢者の空間的視点取得能力を測る──SONIC研究におけるラインマップテストの実施──  日本心理学会第82回大会, 仙台国際センター, 9月25-27日 (発表日:9月25日). ポスター発表
    抄録:日本心理学会第82回大会発表論文集, 771. https://doi.org/10.4992/pacjpa.82.0_1AM-113
  38. Muto, H., & Morikawa, K. (2018). Mental rotation of ears: Which type of transformation is elicited by left/right judgements of unmovable body parts? Poster presented at the 7th International Conference on Spatial Cognition, Sapienza University of Rome, Rome, September 10 to 14 (Presentation date: September 13). ポスター発表
    Cognitive Processing, 19 (Supplement S1), S66. https://doi.org/10.1007/s10339-018-0884-3
  39. ○水原 啓太・武藤 拓之・入戸野 宏 (2018). 自由選択課題における意思決定タイミングの誤認  日本認知心理学会第16回大会, 立命館大学, 9月1-2日 (発表日:9月2日). ポスター発表
    抄録:日本認知心理学会第16回大会発表論文集, pP2-038. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2018.0_120
  40. 武藤 拓之・森川 和則 (2018). 空間的視点取得能力を測定するコンピュータ化テスト──ラインマップテストの開発とその信頼性・妥当性の検証──  日本認知心理学会第16回大会, 立命館大学, 9月1-2日 (発表日:9月1日). 口頭発表
    抄録:日本認知心理学会第16回大会発表論文集, pO1-001. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2018.0_1
  41. Muto, H., Ide, M., Tomita, A., & Morikawa, K. (2018). Eye size illusion caused by eye shadow is independent of face orientation. Oral presented at the 14th Asia Pacific Conference on Vision, Lake View Hotel, Hangzhou, July 13-16 (Presentation date: July 14). 口頭発表
  42. 2017年

  43. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2017). 物体のヒトらしさが引き起こす対面バイアス──前後対称な人型物体に対する空間的視点取得──  日本基礎心理学会第36回大会, 立命館大学, 12月1-3日 (発表日:12月3日). ポスター発表
    抄録:基礎心理学研究, 36 (2), 287. https://doi.org/10.14947/psychono.36.46
  44. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2017). 身体化された空間的視点取得──運動シミュレーション説の証拠──  日本基礎心理学会第36回大会 若手オーラルセッション, 立命館大学, 12月1日. 口頭発表
  45. 武藤 拓之・松本 清明・沼田 恵太郎・権藤 恭之 (2017). 超高齢者における空間認知能力と運動機能の結びつき──SONIC研究の85―87歳調査から得られたretrogenesis説の証拠──  関西心理学会第129回大会, 京都橘大学, 11月5日. 口頭発表
    抄録:関西心理学会第129回大会発表論文集, 48.
    研究奨励賞を受賞
  46. 武藤 拓之・近藤 想・松下 戦具・森川 和則 (2017). 心的回転課題が明らかにした身体表象の階層性──手・腕・全身の線画に対する左右判断──  日本心理学会第81回大会, 久留米シティプラザ, 9月20-22日 (発表日:9月21日). ポスター発表
    抄録:日本心理学会第81回大会発表論文集, 532. https://doi.org/10.4992/pacjpa.81.0_2A-044
  47. Muto, H., Matsushita, S., & Morikawa, K. (2017). Holding heavy bags in hands improves mental rotation performance in females but not in males. Cognitive Science, GIS NTU Convention Center, Taipei, September 1-3 (Presentation date: September 3). ポスター発表
    要約:Program for the 11th International Conference on Cognitive Science, 93.
  48. Muto, H., Matsushita, S., & Morikawa, K. (2017). Agent's symmetry elicits egocentric transformations for spatial perspective-taking. Poster presented at the 39th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, Hilton London Metropole, London, July 26 to 29 (Presentation date: July 29). ポスター発表
  49. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2017). 空間的視点取得は全身移動のシミュレーションに媒介される──視点・反応一致性効果のメカニズムの検討──  日本認知心理学会第15回大会, 慶応義塾大学, 6月3-4日 (発表日:6月4日). 口頭発表
    抄録:日本認知心理学会第15回大会発表論文集, O5-05. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2017.0_36
  50. 2016年

  51. Muto, H., Kano, S., Matsushita, S., & Morikawa, K. (2016). Imagining a face viewed from novel angles in advance facilitates face identification. Poster presented at the 24th Annual Workshop on Object Perception, Attention, and Memory, Sheraton Boston, Boston, November 17. ポスター発表
    要約:Program for the 24th Annual Workshop on Object Perception, Attention, and Memory, 16.
  52. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2016). 見たことのない視点の顔を想像してもその表象は脆弱である  日本基礎心理学会第35回大会, 東京女子大学, 10月29-30日 (発表日:10月29日). ポスター発表
    抄録:基礎心理学研究, 35 (2), 195. https://doi.org/10.14947/psychono.35.30
  53. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2016). 空間的視点取得に必要なスキルは認知的スキルと知覚的スキルに分離できる──反応時間データに対する探索的因子分析の適用──  日本行動計量学会第44回大会, 札幌学院大学, 8月30日-9月2日 (発表日:9月2日). 口頭発表
    抄録:日本行動計量学会第44回大会抄録集, 376-377. https://doi.org/10.20742/pbsj.44.0_376
  54. Muto, H., Matsushita, S., & Morikawa, K. (2016). Comparison between foot and hand responses for a spatial perspective-taking task. Poster presented at the 31st International Congress of Psychology, PACIFICO Yokohama, Yokohama, July 24-29 (Presentation date: July 26). ポスター発表
    要約:International Journal of Psychology, 51 (Supplement S1), 201. https://doi.org/10.1002/ijop.12299
  55. 武藤 拓之・加納 史織・松下 戦具・森川 和則 (2016). 人は別の視点から見た顔を想像できるか?──視点手掛かりの事前提示が顔の再認成績に及ぼす影響──  日本認知心理学会第14回大会, 広島大学, 6月18-19日 (発表日:6月18日). ポスター発表
    抄録:日本認知心理学会第14回大会発表論文集, 51. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2016.0_51
  56. 2015年

  57. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2015). 人間は考える「足」である?──移動に関連した動作が空間的視点取得に果たす役割──  日本心理学会第79回大会, 名古屋国際会議場, 9月22-24日 (発表日:9月22日). ポスター発表
    抄録:日本心理学会第79回大会発表論文集, 597. https://doi.org/10.4992/pacjpa.79.0_1AM-075
  58. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2015). 人間は考える「足」である?──足と手を前に出す動作による空間的視点取得の促進・抑制効果──  日本認知心理学会第13回大会, 東京大学, 7月4-5日 (発表日:7月4日). ポスター発表
    抄録:日本認知心理学会第13回大会発表論文集, 77. https://doi.org/10.14875/cogpsy.2015.0_73
  59. 2014年

  60. 武藤 拓之 (2014). 読解順序の任意性が文理解に及ぼす影響──線条性についての実証的研究──  日本心理学会第78回大会, 同志社大学, 9月10-12日 (発表日:9月11日). ポスター発表
    抄録:日本心理学会第78回大会発表論文集, 868. https://doi.org/10.4992/pacjpa.78.0_2AM-1-095
研究会発表
  1. 武藤 拓之 (2023). 物体の「人化」と「蛇化」による心的回転の促進はメカニズムを共有しているか?──オンライン実験による相関研究──  「注意と認知」研究会 第21回合宿研究会, サイプレスホテル 名古屋駅前, 3月5-7日 (発表日:3月6日). 口頭発表
    抄録:Technical Report on Attention and Cognition (2023), No. 6, 1-2. http://www.l.u-tokyo.ac.jp/AandC/sources.html
  2. 武藤 拓之 (2022). EMアルゴリズムとともだちになろう  ベイズ統計学勉強会'22夏, 福島県立医科大学, 8月14-16日 (発表日:8月15日). 口頭発表
  3. 武藤 拓之 (2022). 実験心理学のスキルを教育研究に活かす  大阪大学若手FD研究会2022合宿研究会, 東横INN大阪阪急十三駅西口1. 7月2-3日 (発表日:7月2日). 口頭発表
  4. 武藤 拓之 (2022). 検定力分析とベイズファクターデザイン分析によるサンプルサイズ設計  ベイズ統計学勉強会 2022年春合宿, オンライン, 3月6-7日 (発表日:3月7日). 口頭発表
  5. 武藤 拓之 (2021). Re: ゼロから始めるベイズ統計学  ベイズ統計学勉強会 2021年夏合宿, オンライン, 9月12-13日 (発表日:9月12日). 口頭発表
  6. 武藤 拓之 (2020). MCMCとともだちになろう  ベイズ統計学勉強会 2020年春合宿, 川崎医科大学総合医療センター, 2月22-24日 (発表日:2月23日). 口頭発表
  7. 武藤 拓之 (2020). たのしい認知モデリング  第3回犬山認知行動研究会議, 大阪大学中之島センター, 1月11-12日 (発表日:1月11日). 口頭発表
  8. 武藤 拓之 (2019). 大人数講義科目におけるリフレクションの促進と成績評価  大阪大学若手FD研究会第16回定例会, 大阪大学, 8月31日. 口頭発表
  9. 武藤 拓之 (2019). 数理・統計モデリング事例集:認知モデル  ベイズ統計学勉強会 2019年夏の合宿, クリエート浜松, 8月10-12日 (発表日:8月11日). 口頭発表
  10. 武藤 拓之 (2019). 心理学教育に関する実践報告およびSoTL構想案  大阪大学若手FD研究会2019年合宿研究会, 阿波観光ホテル, 6月28-30日 (発表日:6月29日). 口頭発表
  11. 武藤 拓之・森川 和則 (2019). 耳の心的回転──異同判断と左右判断の比較──  「注意と認知」研究会 第17回合宿研究会, ホテルサンルートプラザ名古屋, 3月3-5日 (発表日:3月5日). 口頭発表
    抄録:Technical Report on Attention and Cognition (2019), No. 16, 1-2. http://www.l.u-tokyo.ac.jp/AandC/sources.html#s2019
  12. Muto, H. (2018). Effectiveness of body analogy for the mental rotation in older people. Oral presented at the 16th Meeting of the Workshop on Psychology for the Elderly of the Japanese Society for Cognitive Psychology, Osaka University Nakanoshima Center, October 6. 口頭発表
  13. 武藤 拓之・井手 麻由・富田 瑛智・森川 和則 (2018). 化粧顔,下から見るか?横から見るか?──アイシャドウによる目の過大視錯視の視点非依存性──  第46回Young Perceptionists' Seminar (YPS2018), ホテル大阪KEIKO, 9月17-19日 (発表日:9月19日). 口頭発表
  14. ○水原 啓太・武藤 拓之・入戸野 宏 (2018). 自由選択課題におけるpostdictive illusion  第46回Young Perceptionists' Seminar (YPS2018), ホテル大阪KEIKO, 9月17-19日 (発表日:9月17日). 口頭発表
  15. Muto, H. (2018). Eye size illusion induced by eye shadow is independent of face orientation. Oral presented at the Yokotsuna in hus #2018_4, Osaka University, Suita, July 11. 口頭発表
  16. 武藤 拓之 (2018). 関西若手実験心理学研究会の10年間をデータで振り返る  第39回関西若手実験心理学研究会──10周年記念回──, 大阪大学, 7月7日. 口頭発表
  17. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2018). 手に重りを持つことによる心的回転過程の変調  「注意と認知」研究会 第16回合宿研究会, ホテルサンルートプラザ名古屋, 3月4-6日 (発表日:3月6日). 口頭発表
    抄録:Technical Report on Attention and Cognition (2018), No. 21, 1-2. http://www.l.u-tokyo.ac.jp/AandC/sources.html#s2018
  18. 武藤 拓之 (2017). 超高齢者の運動機能と空間認知能力の関連  日本認知心理学会高齢者心理学部会第15回研究会, 滋慶医療科学大学院大学, 8月26日. 口頭発表
  19. 武藤 拓之 (2017). 空間的視点取得の処理方略はエージェントの形状に左右される  空間認知研究会2017, 広島国際大学, 8月22-23日 (発表日:8月22日). 口頭発表
  20. 武藤 拓之 (2017). その手で心像を掴めるか?──手の近接性が心的回転に及ぼす影響──  第36回関西若手実験心理学研究会, 立命館大学, 7月8日. 口頭発表
  21. 武藤 拓之 (2017). 空間的視点取得は全身移動のシミュレーションに媒介される──視点・反応一致性効果はなぜ生じるのか──  「横のつながり」研究会 in hus #2017_3, 大阪大学, 5月31日. 口頭発表
  22. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2017). 空間的視点取得における前後判断と左右判断の非対称性  「注意と認知」研究会 第15回合宿研究会, ホテルサンルートプラザ名古屋, 3月5-7日 (発表日:3月5日). 口頭発表
    抄録:Technical Report on Attention and Cognition (2017), No. 5, 1-2. http://www.l.u-tokyo.ac.jp/AandC/sources.html#s2017
  23. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2017). 歩行動作のシミュレーションが空間的視点取得に果たす役割  第171回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会, 大濱信泉記念館, 1月23-24日 (発表日:1月23日). 口頭発表
    抄録:情報処理学会研究報告, 2017-HCI-171 (5), 1-5. http://id.nii.ac.jp/1001/00176907/
  24. 武藤 拓之 (2016). 手の重量感が物体の心的回転に及ぼす影響  空間認知研究会2016, 大阪大学, 8月18-19日 (発表日:8月18日). 口頭発表
  25. Muto, H. (2016). The role of motor simulation in spatial perspective taking. Oral presented at a meeting for research presentation and exchange in English, Osaka University, Suita, August 2. 口頭発表
  26. 武藤 拓之 (2016). 身体化方略を用いた空間的思考  第1回身体と認知研究会, 日本大学, 7月31日. 口頭発表
  27. Muto, H. (2016). Exploring two kinds of embodied processing during spatial perspective-taking. Oral presented at the summer meeting for English training of Society for Kansai Young Experimental Psychologists, Kyoto University, Kyoto, July 16. 口頭発表
  28. 武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則 (2016). 心的視点変換は角度差に応じて質的に異なる2つのスキルを要求する──実験データへの探索的因子分析の適用──  「注意と認知」研究会 第14回合宿研究会, ホテルサンルートプラザ名古屋, 3月13-15日 (発表日:3月15日). 口頭発表
    抄録:Technical Report on Attention and Cognition (2016), No. 26, 1-2. http://www.l.u-tokyo.ac.jp/AandC/sources.html#s2016
  29. 武藤 拓之 (2015). mental spatial transformationとしての視点取得──身体化認知アプローチと個人差──  空間認知研究会2015, まるは食堂旅館南知多豊浜本店, 9月24-25日 (発表日:9月25日). 口頭発表
  30. 武藤 拓之 (2015). 空間的視点取得における身体移動イメージの役割  第53回Internet Vision Meeting, オンライン, 7月23日. 口頭発表
  31. 武藤 拓之 (2015). 人間は考える「足」である?──空間的視点取得の際に使われる身体イメージと移動動作との関係──  第29回関西若手実験心理学研究会, 関西学院大学, 5月16日. 口頭発表
学位論文
  1. Muto, H. (2019). Cognitive mechanisms of spatial perspective taking (Unpublished doctoral dissertation). Osaka University, Suita.
  2. Muto, H. (2016). An embodied cognition approach to spatial perspective taking: The role of movement planning (Unpublished master dissertation). Osaka University, Suita.
  3. Muto, H. (2014). The effects of linearity on sentence comprehension in oral and silent reading (Unpublished undergraduate dissertation). Aichi Gakuin University, Nisshin.
受賞
  1. 2023年12月3日 (通知:2023年2月7日)
    日本基礎心理学会 優秀発表賞
    受賞者:武藤 拓之
  2. 2022年10月24日
    日本心理学会 学術大会特別優秀発表賞
    受賞者:神原 歩, 武藤 拓之
  3. 2022年2月28日
    日本認知心理学会 優秀発表賞「国際性評価部門」
    受賞者:Honami Kobayashi, Hiroyuki Muto, Hirokazu Ogawa
  4. 2021年12月20日
    日本心理学会 学術大会優秀発表賞
    受賞者:武藤 拓之
  5. 2020年10月20日
    日本心理学会 学術大会特別優秀発表賞
    受賞者:武藤 拓之
  6. 2018年10月28日 (通知:2018年2月1日)
    関西心理学会 研究奨励賞
    受賞者:武藤 拓之
  7. 2018年9月2日 (通知:2017年12月22日)
    日本認知心理学会 優秀発表賞「総合性評価部門」
    受賞者:武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則
  8. 2017年12月12日
    日本心理学会 学術大会優秀発表賞
    受賞者:武藤 拓之・近藤 想・松下 戦具・森川 和則
  9. 2017年12月1日
    日本基礎心理学会 The Young Psychonomic Scientist of the Year 2017
    受賞者:武藤 拓之
  10. 2017年2月22日
    情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会 2016年度学生奨励賞
    受賞者:武藤 拓之
  11. 2016年11月5日
    日本心理学会 学術大会特別優秀発表賞
    受賞者:武藤 拓之・松下 戦具・森川 和則
  12. 2014年3月15日
    愛知学院大学 曹洞宗管長賞
助成金・競争的資金
  1. 2021年4月1日〜2026年3月31日
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究
    研究課題名:空間的思考を効率化するアナロジー効果の認知メカニズムの解明
    研究代表者:武藤 拓之
  2. 2021年4月1日〜2024年3月31日
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
    研究課題名:ウェルビーイングによる認知機能リスクの改善とその脳内機序の解明
    研究代表者:積山 薫,研究分担者:阿部 修士,成本 迅,野村 理朗,岡田 知久,山下 雅俊,豊島 彩,武藤 拓之,高松 礼奈,曽雌 崇弘
  3. 2021年4月1日〜2024年3月31日
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
    研究課題名:心的視点取得過程の個人内メカニズムの解明と促進方法の開発
    研究代表者:神原 歩,研究分担者:武藤 拓之
  4. 2019年4月25日〜2020年3月31日
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究課題名:道具の心的モデルが空間認知の身体化プロセスを媒介するメカニズムの解明
    研究代表者:武藤 拓之
  5. 2018年5月17日
    大阪大学大学院人間科学研究科 大学院生国際学会海外派遣支援金 採択
  6. 2017年5月29日
    日本心理学会 国際会議等参加旅費補助金 採択
  7. 2016年4月22日〜2019年3月31日
    日本学術振興会 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費
    研究課題名:他者視点の視覚世界を想像する空間認知過程の解明─身体移動のイメージとその柔軟性─
    研究代表者:武藤 拓之
  8. 2013年6月
    愛知学院大学 平成25年度特待生に認定(授業料免除)
  9. 2012年6月
    愛知学院大学 平成24年度特待生に認定(授業料免除)
  10. 2011年6月
    愛知学院大学 平成23年度特待生に認定(授業料免除)
その他の寄稿等
  1. 武藤 拓之 (2019). この人をたずねて(関西学院大学社会学部教授 清水裕士氏)  心理学ワールド, 86号, pp.36-37. (2019年7月15日.) https://psych.or.jp/publication/world086/pw22
  2. 大阪大学全学教育推進機構ガイダンス室学生支援プロジェクトチーム(上月 翔太・大友 章裕・武藤 拓之・田尾 俊輔・根岸 千悠) 大学院生による新入生のための学び情報誌「阪大×学問」 (2019年2月28日)
  3. 「活躍する若手!」第1回  日本心理学会 若手の会 ニューズレター, 第1巻 第2号, p.6. (2016年12月15日) http://www.psych.or.jp/jpamember/document/newsletter/newsletter_vol2.pdf
査読歴

アルファベット順または五十音順。括弧内は回数。詳細はWeb of Scienceを参照。

  1. Cortex (1)
  2. Experimental Brain Research (1)
  3. Frontiers in Psychology (2)
  4. Intelligence (1)
  5. Japanese Psychological Research (1)
  6. Journal of Cognition (1)
  7. Journal of Cognitive Psychology (1)
  8. Psychologia (1)
  9. Social Psychological and Personality Science (1)
  10. 基礎心理学研究 (4)
  11. 心理学研究 (3)
  12. 認知科学 (3)
  13. 認知心理学研究 (2)
このページの作成日:2015年4月7日
このページの最終更新日:2024年1月26日